Skip to content

行政書士ができること

行政書士ができること

行政書士の仕事の内容を知っていますか?と聞かれ、もちろんと即答する方は少ないと思います。

私も悩むと思います。

書士と言うからには書類を作成するのかと思いますし、行政と付いているので行政とのやりとりをするのだろうなとも思います。

いろいろな仕事内容があるようなのですが、家族や友人に行政書士がいない限り、身近に感じることは難しいですよね。

ネットで検索していると、引き受けることができる業務も多く、法律的な相談にも対応できる窓口などもでてきます。

やれることの多さはちょっとびっくりしました。

法律的な事柄の相談や、書面の作成等もできる資格と言うことなのです。

国家資格でもあるので、法に則ってやれるべきことはしっかりと決められているのですが、これだけ多くの業務ができるということは、行政書士を頼っている人も多いということですよね。

もちろん弁護士や司法書士などと、できることの区分けはしっかりとされていますが、弁護士に相談するのは敷居が高いので行政書士へ相談ということも多いようですよね。

法律相談をしたことがありますか

法律的な相談をするのは弁護士だけではないとご存知ですか?法的な相談に乗れるのは弁護士だけではありません。

もちろん相談内容によっては弁護士しかできないこともありますが、多くの法的効力のある書類を作成することが仕事の行政書士でも対応できることが多くあるのです。

実際、私の知り合いが行政書士事務所を開業していますが、事務所には法律に関する書籍が積んでありますし、法的にどうすればよいのかと相談に訪れる人のアポイントが多く、一般のクライアントからの収入が多くを占めています。

ちなみに、友人が受ける相談内容で多いのは離婚問題らしいです。

行政書士への勉強方法

他にも、行政書士は普段の生活に根づいた相続や遺言などの相談もあるようで、ネットで検索していたら、無料相談会という言葉もありましたし、私が住んでいるところでは無料相談センターというものもあるようです。

弁護士に相談するにはちょっと勇気が出ないと言う場合は、行政書士に相談してみるといいかもしれませんよ。

Categories: .